意外と知られていない偏差値の秘密

中学受験での中学選びを皆さんはどのようにしてるでしょうか。
校風や歴史、はたまた制服何て人もいるでしょう。文化祭や体育祭といったイベントも見に行った子供が気にいるなんてこともあるでしょう。
ただやはり最も多いのは偏差値で、自分がいける中で一番高い偏差値を示している高校を目指す人も多いのではないでしょうか。

では中学受験でよくきく偏差値とは一体どんなものなのでしょうか。
一般的に中学受験では60を超えると優秀といった風に見える物ですが、そもそも偏差値とは絶対評価によるものではなくて相対評価によるものなんです。そんなの言葉のとおりではないかといえばその通りですが、意外と偏差なんて言葉知らない人も多いものですよね。一般的に中学受験では論理的思考力と記憶力が求められるものですので、継続して物事を理解し覚えることが必要です。そのため高学年になるほど適応してくる子が多く、また小学校で優秀な子が塾などを進められて受験戦争に参加してくるケースも多々あります。
小さな塾などに自分の子供がいるとこうした優秀な子がぱっと塾に参加すると途端に相対評価の偏差値は落ちてしまうことがあります。しかし小さな塾内での偏差値なんてそこまで気にしないでいいんです。あくまでその集団内での評価であり、実際に自分が受ける学校を受ける人たちの中での順番が必要なのです。
つまり塾内でのサンプルが少ないようなところでの偏差値はそこまで気にしないでいいものなんです。もちろん良いに越したことはありませんが、やはり目安でしかなく自分の実力はいろんな要素を加味して判断しないといけないですね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク