合格判定を塾のテストで判断していた長田(仮名)さんの体験談

中学受験は、もともとは妻からの提案がきっかけでした。個人的には、子どもの自由に任せたらいいと考えていたのですが、息子からも、中学受験がしたいという意見が出てきたので、小学5年生の夏休みから個別塾の方へ通わせることにしました。
塾の方では、定期的にカウンセリングも行っていたようですが、仕事も忙しくなかなか参加することは出来ませんでした。しかし、2ヶ月に1回のペースで、塾内テストが行われていたため、その結果だけは、必ずチェックするようにしました。そのテストは、塾外の方も受験できるものだったため、塾内順位だけでなく、県内順位や、偏差値をもとにした志望校の合格判定もわかるようになっており、たいへん役に立ちました。
中学受験をした学校が、偏差値50後半くらいのところだったこともありますが、それほど必死になってサポートしたという記憶もなく、私は、ただテストの合格判定をチェックしていただけでしたが、無事、合格することが出来ました。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク