友達と一緒だったから受験日まで頑張れた山下(仮名)さんの体験談

息子は中学受験を控えています。
最初に中学受験対策を行ったのは小学校5年生の頃でした。
周りの子たちが遊んでいるのに、自分だけ勉強しなければならないことに不満を持っているようでしたが、中学受験をするということを自分でしっかりと理解し始めた頃から、なんとなく机に向かって勉強をする環境に慣れてきたように感じます。
入塾してからはとても気の合う友達が出来たようで、勉強はもちろんですが、休日には一緒に遊べるような友達が出来て、受験日までその友達がいたおかげで頑張れたような気がしています。
時には親友、時にはライバルといったお互い刺激し合えるような関係になっていったようです。
私自信、勉強があまり得意なほうではなく、息子に勉強を教えることが出来ませんでしたが、そこはしっかりと塾の先生方にフォローをして頂いて、やはり家庭で勉強するより、塾で勉強をさせて良かったと感じています。
面接の対策や願書の書き方など色々とお話が聞けるので、とても助かっています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク